INFORMATION

BLOG

レプケの生い立ち

ヴィルヘルム・レプケは、1899年10月10日、ハノーヴァー近くのシュヴァルムシュテット村(Schwarmstedt)で医者の子として生まれています。 生家はプロテスタント信仰の厚い古くからの名家で、昔ながらの農村的環境

Read More »

お弁当クラブの汽水域について

マメヒコの古くからのお客さんで、お弁当クラブのことも知ってるお客さんのひとりから、 「席で食べてるかた見るんですよ。ああいいなー、美味しそうに食べてるな。井川さんのお弁当。 ワタシも食べたいけど、なんかどうやって頼んだら

Read More »

『ヒューマニズムの經濟學』 について⑧

経済的制作と並行して、道徳的政策も必要だと説いた。 ○第三の哲学 資本主義もだめ。共産・社会主義もだめ。あれかこれかの二者択一的な極端な議論は無意味だとし、そのどちらでもない、新たな構想を『第三の哲学』としそれを生み出さ

Read More »

『ヒューマニズムの經濟學』 について⑦

【レプケが描く理想の社会】• 所有の広範な分散• 自律した中産階級の厚い層• しっかりとした存在者、人間に拠り所を与える• 家族に始まる真の共同体• 競争と価格メカニズムへの対重• しっかりとした根を持ち、生活の自然的基

Read More »

Radio SEOsan

Radio

いかひこ深夜便

いかひこ深夜便2020 #52/ 神社について

マメヒコを神社のような場所にしたい。以前もラジオでそう話していた井川さん。 誰のためにあるわけではなく、 誰が作ったというわけでもない。 それでも誰かが周りを綺麗の整えたり訪れたりする場所である神社。その鳥居は大抵山と平

Read More »
マメクル2020

マメクル2020 #56/春のうららの

日差しが明るくて穏やかな、 ほんとうに春のうららかな日に撮影ができました。 うららとは、もともと寛々ゆらゆらから来ています。 ゆっくりと急がずに、悠々とといった感じです。 言葉からもそれが伝わりますね。 大和言葉がボクは

Read More »
マメクル2020

マメクル2020 #55/財産を作りましょう

目先の損得に一喜一憂するのはいけない、道徳的には納得しつつも、 実際のところは、目先のことに一喜一憂するのがヒトです。 物質的な財産を持たぬ庶民ならなおのことそうかもしれません。 だから財産を持つべきだ。金、土地、地位や

Read More »
いかひこ深夜便

いかひこ深夜便2020 #51/ いかひこ塾について

今井川さんはいかひこ塾を地方でやりたいと思っているそうです。そしてそこでランドスケープを無視しない、その土地の伝統や文化を感じる。そんな新しい時代の日本の文化を再構築したいそうです。 地方に活気を取り戻す為の取り組みは、

Read More »

MEMBER

Donation

ねこ

いかひこチャンネル、ラジオ瀬尾さんをいつもご視聴いただきありがとうございます。広告を付けず番組制作を継続するために、みなさんからの制作支援を承っております。よろしくお願いいたします。

ABOUT ME

井川丸

こんにちは、カフエ マメヒコ店主の井川です。ボクは唯一無二のカフェを創るために、いろんなことを手掛けています。演劇、古き良き音楽や映画、小説、安全な食べ物、無垢な家具、それらについてブログを書いています。

YOSHINO

アルバム「MOTIFE」 CD販売サイト

FOLLOW ME

Categories